みともり子どもクリニック

大阪府茨木市の小児科・小児循環器内科

大阪府茨木市舟木町 2-7 オフィス・ルブラン1F

072-657-8355

  • ホーム
  • 院長・クリニック紹介
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • 院長のブログ

院長のブログ

2018年8月28日

伝染性紅斑(リンゴ病)について
伝染性紅斑(りんご病)の患者さんが増えているようです
りんご病とはヒトパルボウイルスB19による感染症です。
10~20日の潜伏期のあとに頬に境界鮮明な紅い発疹があらわれます。手足にも網目状の発疹がみられますが、この時期にはもう感染力はほとんど消失しています。
発疹の出る1週間ほど前に感冒様症状がみられることがありますが、このころが特に感染力が強くなります。日光に当たったり、こすると発疹の赤みが強くなってしまうことがあります。
子どもではほとんど合併症を起こすことなく回復しますが、溶血性貧血の患者さんが罹患すると、重症貧血発作を起こしたり、妊婦さんが感染すると胎児水腫や流産に結びつくこともあり、注意が必要です。
妊娠前半期の妊婦さんは特に、感冒様症状の人に近づくことは避けてください。

トップへ戻る