みともり子どもクリニック

大阪府茨木市の小児科・小児循環器内科

大阪府茨木市舟木町 2-7 オフィス・ルブラン1F

072-657-8355

  • ホーム
  • 院長・クリニック紹介
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • 院長のブログ

診療のご案内

  • 小児科
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • アレルギー
  • 小児心疾患

診療科目・診療時間

診療科目
小児科・小児循環器内科

診療時間 日祝
午前診9:00〜12:00
予約診(乳幼児健診・予防接種)
午後診16:00〜18:00

…予約診
月・水・金曜日 14:00〜15:30 / 火曜日 14:00〜17:00

パソコン・スマートフォン・携帯などインターネットから、当日の順番をご予約いただけます。
※初診の方もご利用いただけます。

予約受付時間
午前診  8:30〜11:45
午後診15:30〜17:45
予約アドレス

http://www.mitomori-kc.com/

qrコード

注意
一般診療はお電話での予約は行っておりません。
インターネットにて当日、ご予約していただくか、直接窓口にお越しください。

月・水・金 14:00 ~ 15:30火 14:00 〜 17:00

予約制となりますので、>>インターネットで予約いただくか、
診療時間内にお電話(TEL.072-657-8355)、もしくは受付窓口にてご予約ください。
3日後〜2週間先までの時間指定予約ができます。

注意
当日の予約は受け付けておりませんのでご注意ください。

インターネット予約

http://www.mitomori-kc.com/

qrコード

072-657-8355

(診療時間内におかけください)

初めて来院される際はお持ちください

1
健康保険証
健康保険証は毎月確認させていただきます。恐れ入りますが、その都度ご持参ください。
2
他院での紹介状・検査結果
他の医療機関で検査を受けられた結果をお持ちの場合には、その検査結果をできるだけお持ちください。
また紹介状をお持ちの場合には必ずご持参ください。
3
お薬手帳
他の医療機関で何かお薬を処方されている場合には、できればお薬手帳か薬自体をご持参ください。
問診票ダウンロード

あらかじめ問診票をダウンロードのうえ、ご来院前にご記入していただくことも可能です。

  • 新患の方
  • 初診の方
  • 再診の方
  • 予防接種

小児科

発熱、せき、鼻水、かぜ、下痢、嘔吐、発疹など一般的によく見られる症状のあるお子様を診察いたします。
気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなども診察いたします。
点滴、超音波検査、血液検査、尿検査、心電図、溶連菌・アデノ・インフルエンザなどの迅速検査などもできます。

かざり

主な検査設備
  • 超音波診断装置(エコー)
    超音波診断装置(エコー)
  • 自動血球計数CRP測定装置
    自動血球計数CRP測定装置
  • 心電計
    心電計
予防接種用のワクチン専用冷蔵庫

当院ではワクチンを専用の冷蔵庫で
管理しております。

当院で可能な予防接種
  • BCG(結核)
  • ヒブ(Hib)
  • 肺炎球菌(プレベナー)
  • 4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)
  • B型肝炎(平成28年4月生まれ以降の子)
  • 不活化ポリオ
  • MR(麻疹、風疹)
  • 水痘
  • 日本脳炎
  • 2種混合(ジフテリア・破傷風)
  • 子宮頸がん
  • おたふくかぜ
  • B型肝炎
  • インフルエンザ
  • ロタリックス
  • A型肝炎
  • ロタテック
  • 水痘(3歳以降)
注意
必ず保険証と母子手帳をご持参ください。母子手帳をお持ちでない場合は接種をお断りする場合がございます。

予防接種スケジュールや予防接種のお勉強については、
ワクチンで防げる病気(VPD)サイト『KNOW★VPD!』をご覧ください。

ワクチンデビュー

乳幼児健診

当院では公費による乳児後期検診を実施しております。

予約制となりますので、インターネットで予約いただくか、診療時間内にお電話もしくは受付窓口にてご予約ください。2週間前から予約できます。
当日の予約は受け付けておりませんのでご注意ください。

それ以外の乳児一般健診をご希望の方はお申し出ください。
当日は母子手帳、公費予診票(乳児後期健康診査)、 オムツ、 保険証もお持ちください。

かざり

星

とり

木

花

最近は生活環境の変化などにより気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患の方が増加しています。

この数年で、アレルギー疾患の考え方も変化しており、治療法も急速に進歩しています。厚生労働省もアレルギー治療のガイドラインを作成し、改定を繰り返して皆様が正しく新しい治療が受けられるように整備を続けています。

その一方、非常に多くの情報が氾濫し、過剰な不安を抱いている方を数多く見かけます。その多くは、すでに迷信ともいうような昔の医療の話や間違ったステロイドの使用により病状を悪化させたという情報、それに乗じたアトピービジネスによるものです。

アレルギー疾患は、体質や生活環境などの複数の要因が複雑に絡み合って発症します。当院ではお子さん方の体質や環境を考慮しつつ、一人ひとりの病状に応じてきめ細かく治療するように心がけています。

小児循環器科

乳幼児健診で心雑音を指摘されたり、学校の心電図検診で要精密検査として精密検査にまわされるお子さんは結構いらっしゃいます。その多くは特に問題ないのですが、精密検査の結果がわかるまで不安な日々を過ごされる親御さんもいらっしゃると思います。

当院では心電図、心臓超音波検査により即日異常のあるなしを診断いたします。
もちろん治療が必要な場合は、その旨をしっかりお話したうえで、国立循環器病研究センターをはじめ適切な施設を紹介させていただきます。

風船

トップへ戻る